COLUMN

冷やしすぎは髪に悪影響!?

2020.07.25
ヘアケア ヘッドスパ ライフケア

 

体の中で一番熱がこもりやすいのが ” 頭部 ”

 

体と頭部をつなぐ首の部分を冷やすのが

有効と言われていますが、

 

髪が生えている頭皮を冷やしすぎるのはとてもキケンです!!

 

どうして??

 

栄養を身体中に伝えているのが血液。

 

その血液を運ぶための道が血管です。

 

 

血管は冷えすぎると収縮してしまう作用があります。

十分な血液が頭に届かないと、

栄養が足りず、薄毛や抜け毛の原因に!?

 

 

夏は本来抜け毛や薄毛になりにくい季節です。

 

 

その夏場に抜け毛が目立つようであれば

頭皮の冷やしすぎに注意してみましょう!

 

 

軽く冷やして血管を収縮させ、

すぐに冷やすのをやめると血管は元に戻り、

結果としてそれが血行促進のマッサージになります。

 

 

 

あくまで冷やしすぎて血管を収縮した状態を

長時間続けるのに注意が必要という話。

 

暑さ対策も大切なのでやりすぎなければ大丈夫です!

冷房もキケンです!!

 

 

夏は紫外線の強い季節になるので

髪の毛の調子が悪く感じますが

 

紫外線だけでなく、

冷房も髪の毛に悪い影響を与えてるんです。

 

 

 

冷房を使うと温度が低くなりますが、

 

温度が下がると空気が乾燥するので湿度も下がります。

 

 

これは髪の毛や頭皮にとてもストレスな状態。

 

 

頭皮が急速に乾燥して、

毛穴にたまった皮脂が固まりやすくなり、

血行が悪くなるので髪が育つのを妨げます。

 

 

さらに乾燥は髪の毛の水分を奪い、

バサバサの髪にしてしまいます。

バサバサの髪は見た目も悪いですし、潤いがないと

ケアをしていない髪の毛のように見えてしまいます。

 

対策方法は?

 

冷えは足元から!

 

温めるものを用意しましょう。

 

体を温めるために暑くても温かいものを飲むようにして

体を低温にしないようにすることがポイントです!

 

 

乾燥を防ぐためにオイルをつけるのも良いです。

 

 

 

エアコンを使用する際は、

 

・冷房と加湿器を併用

・エアコンの風に直接当たらない

・風量を弱にする

・温度を上げる

などを心掛けてください。

 

 

トリートメントケアも普段より多めにやりましょう。

 

また乾燥を防ぐために洗髪後は

できるだけすぐにドライヤーで髪の毛を乾かして下さい。

 

暑いとは思いますが自然乾燥は髪の毛に

とても負担な行為なので絶対にダメです。

 

 

暑い日も頭皮の冷やしすぎには注意して、

健康な髪を保ちましょう!☆☆

 

 

”いいね”と思ったらシェアをお願いします♪
COLUMNの人気記事
MORE
2020.08.16
暑い夏を乗り切るために☆☆☆
MORE
2019.02.01
髪が痛む原因
MORE
2019.10.23
血行不良からくる身体の不調
MORE
2019.03.04
髪への紫外線ダメージ
COLUMNの最新記事
MORE
2020.08.16
暑い夏を乗り切るために☆☆☆
MORE
2020.07.25
冷やしすぎは髪に悪影響!?
MORE
2020.06.24
夏のお悩み ◎◎
MORE
2020.05.14
□■梅雨に負けない髪作り■□
一覧へ戻る
CATEGORY
メイク
ヘアアレンジ
イベント
ヘアスタイル
ヘアケア
ヘッドスパ
ライフケア