COLUMN

♦︎お家でできる頭皮ケア♦︎

2020.04.18
ヘアスタイル ヘアケア ヘッドスパ ライフケア

 

 

頭皮は顔の肌と1枚の皮膚でつながっています。

 

頭皮ケアを怠ると、髪へのダメージだけでなく、

肌の調子や顔のたるみに影響するおそれもあるのです。

 

 

しかし、正しく頭皮をケアすれば、髪も肌も、

さらにはフェイスラインのリフトアップまで、

うれしい作用がたくさん!

 

 

 

 

そこで今回は前回の続き 、、

シャンプー方法とマッサージを紹介します♪

頭皮を健やかにするシャンプー法

 

■シャンプー法1: ブラッシング

 

まずは、ブラシで軽くブラッシングします。

そうすることで髪表面のほこりが取れ、

頭皮の汚れを浮き上がらせてくれます。

 

 

■シャンプー法2:ぬるめのお湯で予洗い

 

シャンプーをつける前に、お湯で頭皮と髪を

しっかりとすすぐ「予洗い」をしましょう。

 

お湯の温度は38度前後がベスト。

あまり熱いお湯で洗うと必要な皮脂が取れすぎてしまい、

頭皮の乾燥を招く恐れもあるので注意してください。

 

髪の表面だけではなく、

内側と頭皮にも十分にお湯を行き渡らせると、

少量のシャンプーでもしっかり泡立ちます。

 

 

■シャンプー法3:シャンプーで洗う

 

予洗いが終わったら、シャンプーで洗いましょう。

シャンプー剤は、髪や頭皮に必要なうるおいは残し、

不必要なものは取り除く保湿効果の高いものがおすすめです。

 

シャンプーの量はさくらんぼ大を目安にし、

指の腹で頭皮をもみほぐすように洗います。

爪をたてて洗うと、頭皮が傷ついてしまうので注意。

 

 

■シャンプー法4:しっかりすすぐ

 

シャンプーが終わったら、しっかりすすぎます。

シャンプーの2倍くらいの時間をかけ、

泡が残らないようにすすいでください。

とくに、生え際や襟足などは念入りにすすぎましょう。

 

 

■シャンプー法5: ヘアドライ

 

シャンプー後はタオルで十分に水気をふき取ります。

その後、ドライヤーを使って短時間で

乾かすようにしてください。このとき、ドライヤーを

近づけすぎると頭皮と髪を傷めてしまうので、

ある程度距離を離します。

 

最後に冷風を髪全体にあてて、頭皮をクールダウン。

髪のキューティクルを引き締めます。

顔のたるみやクマも頭皮に原因が!?

 

気になるフェイスラインのたるみ。

 

その原因の一つとして考えられるのが頭皮トラブルです。

 

顔の皮膚と頭皮は一枚でつながっています。

頭皮が血行不良でカチカチになっていたり、

代謝不足でたるんでいると、

顔の皮膚もたるんでしまうのです。

 

 

頭皮のたるみはフェイスラインにたるみを

もたらすだけではありません。

 

頭皮が血行不良となると、

顔の血行も悪くなってしまうのです。

 

その影響で、

目の下のクマや肌のハリの低下などにも直結します。

 

頭皮のマッサージ法

■頭皮マッサージ法1:リラックス

 

まずは、マッサージの前にリラックス。

1〜2回深呼吸しましょう。

 

 

■頭皮マッサージ法2:こめかみをほぐす

 

小指を左右のこめかみに、

親指以外の4本の指で耳の上を強く押しながら、

頭頂部に向かって円を描いてマッサージします。

このとき、頭皮を動かすようにするとよいでしょう。

 

 

■頭皮マッサージ法3:頭のてっぺんをほぐす

 

親指を左右のこめかみに置いて支えにし、

そのほかの指で前髪の生え際から

頭頂部へ移動させながら、もみほぐします。

 

 

■頭皮マッサージ法4:リフトアップする

 

両耳の前に親指を当て、

そのほかの指を側頭部に置きます。

その状態から親指を耳の頂点まで動かし、

耳の頂点にある少し窪んだ部分をやや強めに押します。

その後、指を押し当てたまま、

斜め上に持ち上げるようにしましょう。

これを2、3回繰り返します。

 

 

■頭皮マッサージ法5:後頭部をほぐす

 

うなじに親指を置き、

そのほかの指で後頭部全体をつかみます。

頭頂部まで指の腹を移動させながらマッサージします。

終わったら首の後ろにある

天柱(首の後ろの太い筋肉の外側にあるツボ)や

風池(天柱の指1本外側にあるツボ)を

親指で刺激しましょう。

 

 

【頭皮マッサージのコツ】

 

マッサージは、オイルを使ったり、

シャンプー時に行ってもよいでしょう。

 

また、頭皮マッサージをするときは、

心地よく感じる程度の圧で行うことです。

急に無理して強く押すと逆効果となってしまいます。

 

ゆっくりやさしくもみほぐすようにしてください。

 

 

——————————————————————

 

 

頭皮と顔の皮膚は1枚でつながっています。

 

 

入念なフェイスケアも大切ですが、

頭皮ケアも並行して行い、綺麗な自分を保ちましょう☆

 

 

 

 

”いいね”と思ったらシェアをお願いします♪
COLUMNの人気記事
MORE
2020.08.16
暑い夏を乗り切るために☆☆☆
MORE
2019.02.01
髪が痛む原因
MORE
2019.10.23
血行不良からくる身体の不調
MORE
2019.03.04
髪への紫外線ダメージ
COLUMNの最新記事
MORE
2020.08.16
暑い夏を乗り切るために☆☆☆
MORE
2020.07.25
冷やしすぎは髪に悪影響!?
MORE
2020.06.24
夏のお悩み ◎◎
MORE
2020.05.14
□■梅雨に負けない髪作り■□
一覧へ戻る
CATEGORY
メイク
ヘアアレンジ
イベント
ヘアスタイル
ヘアケア
ヘッドスパ
ライフケア